自ら楽しむ人生を!


by okame

今お腹すいてるのかな?

d0110979_23220088.jpg
d0110979_23224742.jpg

わんわんずと暮らすようになって
気づくことはいっぱいある
ごはんの事もそのひとつ
だいたい同じ時間にご飯をあげるけど
がっついて食べる時もあれば、
全く口をつけないこともある
そりゃそうだ
いっぱいお散歩で走り回って
お腹がすいている時もあれば
誰かにおやつをもらって
お腹がすいてなかったり
あんまり好きなおかずじゃなかったら
そんなにもりもり食べないし
好きなおかずだったらいっぱい食べる
自分の身体や心の状態にあわせて
自分で判断していい具合に食べる
体調悪いときは
好きなものでも食べないし
遊びに気をとられて
ちゃんと食べなかったら
次のご飯はがっつり食べて
ほんと、よくわかってるなって
私達は、食べる時
お腹すいてるかな?
これ食べたいかな?
ってちゃんと考えてるかな?
よくよく考えると
そんなにお腹すいてないのに
ご飯の時間だからなんとなく食べてたり。
私達人間にとって
食べる事は生きるための事だけど
それだけじゃなくて
食べる時間を楽しんだり
その味を楽しんだり
でも、だからこそ、食べる時に、
今お腹すいてるかな?
何が食べたいのかな?
って意識したいな。
そして、その時感じる感覚を大切に
自分の身体も心も喜ぶ食べ方を

[PR]
# by miyamotoshikaplan | 2018-02-19 23:21 | つれづれなるままに | Comments(0)

家内安全の秘訣

d0110979_23185620.jpg

走りに行こうと準備をしてから
家の中がとっちらかっているのに
気付いてしまって
走るのやめたら
片付けることができる
と一瞬頭をよぎるけど
いやいや、走ろう、
今日は走るって決めてたんだから
だって走らなかったら
私の頭の中がとっちらかったままになる
そもそも、
私じゃない誰かが散らかしたものがほとんどで
それを片付けるのに、
私の大事な時間を使えるかって(笑)
私の頭の中が片付いてなかったら
我が家は大変なことになりますよ(笑)
そして、私の頭の中は
私にしか片付けられませんので、
この大事な任務を
最優先させていただきます
後ろめたさがないわけじゃないけれど
家族はチーム
お互いを思いやりながら
それぞれが役割をはたして協力しながら
それぞれが好きなことをして
気持ちよく毎日を過ごせますように
家内安全 家庭円満の秘訣は
お母さんがご機嫌でいること(*^^*)
てなわけで、
散らかった家にうしろ髪ひかれつつ
今日も走りに行きましょう
そしてご機嫌な私に(*^^*)

[PR]
# by miyamotoshikaplan | 2018-02-13 23:18 | ママ話 | Comments(0)

2018愛媛マラソン

d0110979_13250906.png
d0110979_13252995.jpg

私は寒いのが苦手なのは、
めっちゃ有名なくらいなのに
あの極寒のマラソンに寒さ対策せず。
スタートまでは、対策して
走り出したら大丈夫って何か思ってて。
6年のラン歴の中で
ランは暑いのがやばい
寒いくらいの方が楽チンって
なんとなく感じてて。
普段練習の時は、寒い日は
余分にタイツはいたり、
ウインドブレーカー着たり
なのに。昨日は。
ちょっとでも軽い方がいいかな。なんて
テレビやHPで寒さ対策してくださいって
あれだけいってたのに
大丈夫大丈夫。
寒いくらいの方がいいタイムでるよ。
ろくに調べもせず、自分の思い込みで。
年明けから忙しく、
前日東京日帰りだったり
直前で家族がインフルエンザになったり
なんとなく体調悪かったり
ベストタイムが出ない理由に
してしまいそうなことが山盛りで
それが嫌だから、
絶対にベストタイムが出したくて。
1秒を削り出したくて(笑)
薄着で。
アスリート気取りで(>_<)<
撃沈。
北条に入ってからの寒さと風は強烈で。
足も手も身体も顔も固まって動かず
こんなことあるんだ。
気持ちだけは前に進むのに身体は全く(>_<)
走りながらなんか情けなくて泣けてきた
何やってんのかな私。
でも、今年は倒れる人がいっぱいで
銀のシーツに包まれて運ばれる人を何人もみて
救急車も何台も
怖くなってきた。
認めよう。自分の準備不足を。
自己ベストがでなくても
とにかく自分の足でゴールまで。
今日の私が出来ることを。
精一杯。
松山に帰っての寒い中の皆さんの応援には
涙がとまらず。
自称「ありがとうランナー」だって
誇り持ってたけど
顔がかじかんでかたまって
声がでなくて
とんでもないよ
ゴール間近で夫と次女が
「頑張った!」っていってくれた時は、
びっくりして
「遅かったなー」
って言われると思ってたから
抽選に外れた夫はいっつも
「えーよなー当たった人は」
「当たったんやからサブ4目指すよな」
なんていってたから
私もサブ4は無理でもせめてベストを
って意地になってて
なのに優しいから
そこから頑張って
なんとかグロスで4時間30分をと思ったけど
17秒が削り出せなくて(>_<)
仕方ない。それが現実。
ボランティアの学生さんが
バスタオルかぶせてくれたら
涙がとまらなくって
「ハイタッチお願いします❗」って
こっちがお願いしたいよ(T_T)
本当に有り難う
口が動いてなくて
ちゃんといえてたか自信ない
マラソンゴールして涙が出たのは実は初めて
何の涙かよくわからないけど

勉強になりました。
うまくいかない体験も大事。
どうしたらうまくいかないかわかる。
次は同じ事をしないようにすればいい。
ほんと、ランは面白いし
自分育てにいいな。
自分癒しにもなってる。
ランに出会えた事に感謝
走らせてくれる家族に感謝。
運営や応援の皆さんに感謝。
それからメダルをかけてくれた
ちっちゃいお友達に感謝(*^^*)
とっても幸せな
愛媛マラソンでした。
[PR]
# by miyamotoshikaplan | 2018-02-05 13:24 | マラソン話 | Comments(0)

TOKYOランデート(*^^*)

d0110979_21432488.jpg
d0110979_21434978.jpg

「今日こそはランデートやんな?
トレーニングちゃうよね?」
「ま、そやな」
先週末東京でちょっと時間があったので
ランナーの聖地
初皇居ラン(*^^*)
聞き覚えのある地名見つけたらとまり
知ってるエピソードをおしゃべりし
テレビで観たことのある景色みたら
これ、あれやんなって写真撮って
歌にでてくる地名に出会うと
嬉しくて歌っちゃって
知ってる建物みつけては
あれってあれやんなーって
まぁ、おのぼりさんもひどいけど(笑)
めちゃくちゃ楽しかった~♪
大阪生まれだからか?
アンチ東京な感じで
何となく東京は苦手で
サッカーで関東に行っても
基本スタジアム直行直帰。
流行にも疎いし
ファッションも興味ない
買い物に至っては嫌いレベルだから(^^;
東京に興味持ったことなかったんだけど
走ったら楽しかった!
走って見るTOKYOは
ワクワクがいっぱい。
バスや電車じゃきっと気づかないもの
いっぱい発見。
歩いてとも違う、走りながらの観光
ランを始めてから
色々な街で走るようになって
その土地土地でたくさん発見があって
ほんと、走るようになってよかったね
って思ってたけど
東京在住じゃない私にとって
TOKYOランは特別だな
次の日からはニュースみても
「あそこ走ったよね✨」
ってなんかそれだけでも楽しい
TOKYO街歩きガイド見ながら
次はこのルート走りたいね~って
楽しみがまたひとつ増えました。
好きなこと、楽しいことをすると
どんどん世界が広がって
世界が広がるとそれだけ視野も広がる
年を重ねると頑固になる気がするけれど
自分の世界を広げ続けたら
心もひろーくなりそうな
そんな予感の
TOKYOランデートでした。
[PR]
# by miyamotoshikaplan | 2018-01-27 21:43 | マラソン話 | Comments(0)
【其の二:自分が感じたこと】
d0110979_23363492.jpg
d0110979_23381753.jpg

震災前の2015年の熊本城マラソンは
初めての2週連続フルで
憧れの熊本城へは
フラフラになりながらゴール
翌日はガイドさんに案内してもらって
写真もいっぱい撮って。
だから、震災後の熊本城が気になって
一番に熊本城へ。
目の前のその姿はあまりにも衝撃的で
色々な思いや考えが渦巻いて
だんだんしんどくなって
苦しくなってきて
早く帰りたくなって
こんな気持ちでライヴ楽しめるのかなとか。
でも、一度目をつぶって深呼吸。
そう、今回のライヴは
震災で使えなくなってた会場の復活記念ライヴ。
この光景、私にとっては非日常だけど
ここに住む人にとっては今は日常で
今、ここに住む人それぞれが、
どんな想いで熊本城をみているか
わかるはずもないし
わかろうなんておこがましい
今の私にとっては
衝撃的でしんどくなる光景でも
その光景に力をもらってる人がいるかも
同じものをみても感じ方はそれぞれ
だったら、だからこそ
私がどう感じたかじっくり味わおう
感じた事を大切に
その想いを胸に刻んで
そんな自分を感じながら一歩前へ。
やりたいことをやりたいように
やれることを自分らしく
それでいいんだ
それでこそいいんだ
ライヴとっても楽しかった(*^^*)
ありがとう熊本(*^^*)
がんばろう熊本 じゃないよ
ありがとう熊本
またすぐ来たいな
次は何しに来ようかな
[PR]
# by miyamotoshikaplan | 2018-01-23 00:49 | つれづれなるままに | Comments(0)